• TOP
  • オアフ島
  • フローズンバナナで人気!ハワイのヘルシースイーツ「バナン」が、ロイヤル・ハワイアン・センターに3店舗目をオープン!

オアフ島

2017年06月20日

Hawaiiii編集部

フローズンバナナで人気!ハワイのヘルシースイーツ「バナン」が、ロイヤル・ハワイアン・センターに3店舗目をオープン!

982View

モンサラット通りのフードトラックとして注目を集め、昨年に実店舗もオープンしたフローズンバナナのお店「バナン」。過去にHawaiiii(ハワイイ)でもご紹介しましたが、2017年6月にロイヤル・ハワイアン・センター内で3店舗目をオープン!ハワイ産の食材を中心に使い、ヘルシーなスイーツとして支持を集めるバナン・ワイキキ店についてご紹介しています。

あのバナンが3店舗目をロイヤル・ハワイアン・センターにオープン!


2017年6月に、フローズンバナナを使ったヘルシースイーツの 「バナン(Banán)」が、ロイヤル・ハワイアン・センターC館1階にオープン!

今回は、こちらのニュースと共に改めてバナンの魅力についてご紹介します。


バナンってどんなお店?その魅力とは?


バナンの人気メニュー「パパイヤボート」。 写真提供:Royal Hawaiian Center

バナンの人気メニュー「パパイヤボート」。 写真提供:Royal Hawaiian Center

バナンはハワイ産のバナナを使い、牛乳を使わずソフトクリーム状に仕上げたフローズンバナナを提供する店舗。

特に有名なのが、パパイヤを半分丸ごと使って器にした「パパイヤボート」のメニューです。バナナはもちろん、トッピングフルーツなどの材料も、ほとんどがハワイ産のものを使用。日本で言えば「地産地消」に近い形で、生産工程からメニューの提供まで、ヘルシーなスタイルを確立しています。

また、マカダミアナッツハニーバターは毎朝手作りされており、フローズンバナナとフレッシュなフルーツに味わいとコクを与えてくれます。


これまでのバナンと、3店舗目のバナンの違いは?


ワイキキ店の外観。 写真提供:Royal Hawaiian Center

ワイキキ店の外観。 写真提供:Royal Hawaiian Center

バナンの成り立ちは、2014年12月(2015年初頭に正式稼働)、モンサラット通りでオープンしたフードトラックから。

その後、2016年にめでたく実店舗のハワイ大学店(ユニバーシティアベニュー店)をオープンし、続いてオープンするのが今回のロイヤル・ハワイアン・センターにオープンした「ワイキキ店」。年に一度のペースで規模を拡張しています。

そんなバナン・ワイキキ店では、限定のメニューが登場します。その名前は「ザ・デュークス」。こちらはパパイヤではなくココナッツを半分使い、果肉の付いた状態で器にしているもの。

ハワイの英雄として知られる伝説のサーファー、デューク・カハナモク氏を彷彿とさせるこちらのメニューをビーチで味わえば、「ハワイに来た!」と言う気分がグっと高まりますね。

ロイヤル・ハワイアン・センター内と言うことで、お買い物途中に立ち寄りやすいアクセスの良さも、ワイキキ店の魅力です。


どれがお好み?フレーバーやトッピングを組み合わせて味わおう


「ザ・アマゾン」のカップ入りバージョン。 写真提供:Royal Hawaiian Center

「ザ・アマゾン」のカップ入りバージョン。 写真提供:Royal Hawaiian Center

もちろん、1号店、2号店で提供される定番メニューもいただけます。基本のメニュー構成は以下の通り。


「ザ・オリジナル」:フローズンバナナ、パパイヤ、パイナップル、ストロベリー、キヌアパフ、ココナッツ、はちみつ

「リス・ムーア(※)」:バナナ&アサイーソフトクリーム、パパイヤ、パイナップル、ストロベリー、グラノーラ、キヌアパフ、ココナッツ、はちみつ

「チャンカデリック」:フローズンバナナ、自家製マカダミアナッツハニーバター、ダークチョコレート、グラノーラ、ココナッツ

「グアバジャム」:フローズンバナナ、グアバジャム、パイナップル、ストロベリー、ココナッツ

「ザ・アマゾン」:アサイーソフトクリーム、ストロベリー、バナナ、グラノーラ、キヌアパフ、はちみつ

「ザ・デューク」 :ワイキキ店オリジナル。バナナ&アサイソフトクリーム、パパイヤ、パイナップル、ストロベリー、ココナッツ、はちみつ、ココナッツボウル入り

これらをカップ($7)、ボウル($12)、パパイヤボート($10)の容器から選び(ザ・デュークスは容器固定)、さらにキヌアパフ、グラノーラ、ココナッツ、バナナ、ビーポーレン、モチ、マカダミアナッツなどのトッピングを選ぶことができます。


※編集部註……「リス・ムーア」は、女性サーファーのカリッサ・ムーア(Carissa Moore)さんにちなんだメニューとのこと。カリッサさんは、バナンの創業メンバーと同じプナホウ・スクール出身のサーファー。17歳からWCT(世界プロサーフィン連盟が展開するバトルツアー)デビューし、3度も優勝を収めるなど、サーフ・クイーンとして注目されています。さまざまなサイトで素晴らしいトリックを披露するサーフィン動画を見られますので、ご興味のある方はぜひチェックを!


ワイキキ店オープンに伴う、共同創始者のコメント


創業メンバーと友人。笑顔が素敵です。 写真提供:Royal Hawaiian Center

創業メンバーと友人。笑顔が素敵です。 写真提供:Royal Hawaiian Center

過去にバナンをご紹介した記事でも解説しましたが、バナンはプナホウ・スクールに通う4人の生徒たちが思いついたアイデアがきっかけとなり、立ち上げられました。その創業メンバーはマット・ホンさん、ザック・バリーさん、ルーク・ウンターマンさん、ギャレン・マックリアリーさん。

KickStarter(クラウドファンディングサービスの一つ)で実店舗のプロジェクトを達成し、ボリューミーでカラフルなメニューは思わず写真を撮りたくなるほど(※)……と、最先端のスタイルでお店を展開していますが、その根本にはサスティナブル(持続可能)なビジネスをする、と言う考えがあります。

ここで、共同創始者の一人のマットさんがリリースしたコメントをご紹介しましょう。

「バナンのバナナは全てハワイ産のものを使用しています。その他の果物や野菜やスパイスもできるだけ地元で採れたものを取り入れています。より楽しく、体と環境にいいものをモットーに、地元の新鮮な食材を使った質の高いデザートをリーズナブルに提供することで、環境と経済の両方でサステイナブルなビジネスを目指しています」

オープン以来、高い支持を得ているバナンですが、今後もサスティナブルの思想と共にバナンが広まっていくと素敵ですね♪


※編集部註……Instagramでは「#bananbowls」などのハッシュタグでさまざまな投稿が見られます。バナンを訪ねる前に、こちらも要チェック!


創業メンバーのマットさん。ワイキキ店限定の「ザ・デュークス」を手にしています。 写真提供:Royal Hawaiian Center

創業メンバーのマットさん。ワイキキ店限定の「ザ・デュークス」を手にしています。 写真提供:Royal Hawaiian Center

ロイヤル・ハワイアン・センターでヘルシーなスイーツを堪能しよう!


バナンでは、この他にスムージー、ラテ、コンブチャなど飲み物も充実しています。先ほどの外観写真からも分かる通り、日本語訳も添えられているので、注文しやすいのも嬉しいですね。

ヘルシーなフローズンバナナと飲み物で、朝ご飯やお買い物の途中にエネルギーチャージしてみませんか?


写真・情報提供:Royal Hawaiian Center

【バナン、ロイヤル・ハワイアン・センターの情報はこちら】
◎バナンSNS
https://www.instagram.com/bananbowls/
https://www.facebook.com/bananbowls/
https://twitter.com/bananbowls

◎ロイヤル・ハワイアン・センター
公式サイト:http://jp.royalhawaiiancenter.com/

公式SNS:
https://www.facebook.com/RoyalHwnCtrJp
https://twitter.com/RoyalHwnCtrJP
https://www.instagram.com/royalhwnctrjp/


◎Hawaiiiiの過去記事はこちら!
参考:TVなどでも紹介!フローズンバナナ×パパイヤボートの「バナン」で新感覚デザートを楽しもう♪

Information

Banan[Royal Hawaiian Center]

バナン(ロイヤル・ハワイアン・センター店)

ロイヤル・ハワイアン・センターC館1階ビーチアクセス(ザ・チーズケーキ・ファクトリー裏、サーフボードラックのある通り右手)


営業時間:9:00-19:00
URL:http://www.bananbowls.com/

情報は掲載時のものです。マップはロイヤル・ハワイアン・センターをご紹介しています。

PICKUP

根強い人気のある記事をピックアップしました!