• TOP
  • オアフ島
  • 冬のハワイってどんな感じ?気温や服装、持ち物などの疑問に答えます!

オアフ島

2017年02月18日

Hawaiiii編集部

冬のハワイってどんな感じ?気温や服装、持ち物などの疑問に答えます!

1,292View

一年中暖かいイメージのあるハワイですが、冬の時期はどれぐらいの気温なのでしょうか?持ち物や服装などはどうすれば良いのか、海で泳ぐことはできるのか……その疑問にお答えします。

冬のハワイはどう過ごすのが良い?


「常夏の楽園」と言う言葉が似合うハワイですが、時期や場所によって気候は変化しています。年中Tシャツで過ごせるほど暑いのかというと、そうではありません。夏のハイシーズンとは異なる知識や持ち物が必要となってきます。

そこで今回は、冬のハワイ旅行で気になる情報をお届けします!



  1. この記事でご紹介していること

  2. 1:ハワイの気候について

  3. 2:冬のハワイに適した服装

  4. 3:冬のハワイで泳ぐときは

  5. 4:冬のハワイならではのお楽しみ


1.ハワイには雨季と乾季がある


まず、ハワイは日本の四季とは異なり、気温が低く降水量も多い「雨季」と、気温が高く乾燥しやすい「乾季」で一年の気候が構成されています。具体的な時期は、10月~3月にかけてが「雨季」となり、4月~9月が「乾季」となります。

ただし、「雨季」と言ってもずっと雨が降り続けているわけではありません。日本の梅雨のようにぐずぐずと降ると言うよりは、一日のうちに数十分だけ降ってサっと上がる、にわか雨やスコールのような形で雨が降りやすくなっています。


冬のハワイの平均気温は23℃前後


気象庁のデータによると、雨季のハワイ・ホノルルの気温は23℃前後。 日本・東京の場合10月~3月にかけての最低平均気温は6.1℃(1月)、最高平均気温は18.7℃(10月)と、かなりの寒暖差があります。
つまり、ハワイと日本の冬を比べると、ハワイの方が平均して暖かいのです。

■参考:気象庁 観測開始からの毎月の値 東京 日平均気温の月平均値(℃)(外部サイトに移動します)

■参考:気象庁 地点別平年値データ・グラフ オアフ島/ホノルル〔ハワイ州〕 ISLANDS(北半球太平洋域)(外部サイトに移動します)


2.冬のハワイはどんな服装で行けばいい?


冬のハワイの平均気温が23℃ならば、この時期の旅行でもTシャツで過ごせてしまうのでは? と考えてしまいそうですが、これはあくまでも平均値。ハワイの場合、実際は日中が25℃以上で夜間は15℃を下回ることもあるなど、一日の寒暖差が大きいのです。

また、ビーチ付近も海風が吹くため、現地では肌寒く感じられることでしょう。この時期の持ち物には、Tシャツと短パンに加えて、長袖のシャツや折りたたみやすいパーカー、ウインドブレーカーなど、脱ぎ着しやすい羽織れるものを準備しておくと安心です。
ボトムは女性の方ならマキシスカートやロングワンピース、男性の方は少し厚手のスウェットなどがあると良いでしょう。
雨対策については、前述のようにスコールのような形で降るため、折り畳み傘を準備するか、どこかで雨宿りをしてから出かけるような移動計画を立てることをおすすめします。


日本で着ていたコートは、空港に預けてハワイへ!


コートは重たいので、預けてしまいましょう

コートは重たいので、預けてしまいましょう

冬の時期にハワイへ行く場合、日本ではコートが必須ですが、ハワイではこのような気温のため、コートのような防寒具は必要ありません。そうなると、ハワイ滞在中はコートがお荷物となってしまいますよね……。

そんなときに覚えておきたいのが、空港の「お預かりサービス」です。日本の空港では、コートをはじめ帰国まで不要な荷物を一時的に預かってくれるサービスがあります。
こちらを上手に活用して、最低限の荷物で出発しましょう!

※編集部註……お預かりサービスは、日本では羽田空港や成田空港などでサービスカウンターを設けています。預けるものや期間によって料金が異なりますので、各空港の公式サイトなどをご確認ください。

■参考:羽田空港 宅配・手荷物一時預かり・手荷物カート(外部サイトに移動します)


3.冬のハワイで泳ぐときは時間帯に注意


冷えないよう、準備は入念にしてビーチへ!

冷えないよう、準備は入念にしてビーチへ!

次に気になるのが、冬のハワイの海について。
真冬にあたる時期でも泳いだり、サーフィンしたりできるのでしょうか……? 結論から言うと、ハワイでは一年中ビーチで遊ぶことができます!

ただし、最初に述べた通り「昼間は暑く夜冷える」という寒暖差と「スコールが降ったり曇りが多い」という気候を考えると、風邪などを引かないように日中の暖かい時間に絞って泳ぐことをおすすめします。

日本の気候でたとえるならば、6月あたりの、まだプールの水が少し冷たい時期が冬のハワイの海、といったところでしょうか。普通のビーチ遊びではなく、サーフィンやスキューバダイビングなどのマリンスポーツをするのであれば、ラッシュガード(水着の上に着る服の一種)を着ておけば、多少冷たい海でも楽しめます。


4.冬のハワイで遊ぶなら3つのポイントをチェック!


服装やビーチで遊ぶ時間帯など、冬のハワイは少し注意しておくべきことが幾つかあります。
しかし、我慢しなければならないことばかりではありません。冬だからこそ楽しめることもあるんですよ♪


航空券が安いので、オプショナルを付けやすい♪


冬にハワイへ行く一番のメリットは、オフシーズンであるため航空券が安くなりやすいこと。
マラソンランナーでにぎわう「JALホノルルマラソン」の時期と年末年始、そして春休みのシーズンを避ければ、お得な価格帯でハワイに行きやすくなります。

浮いたお金でちょっとリッチなツアープランにしたり、オプショナルツアーを付けてじっくりとハワイを堪能したり……楽しみ方はいろいろ。お土産を奮発するのも良いですね。


ホエールウォッチングは冬のハワイならでは


その大きさに圧倒されるはず。

その大きさに圧倒されるはず。

もし、動物や大きな物がお好きでしたら、この時期は「ホエールウォッチング」を予約してみませんか?
毎年12~4月(※)ザトウクジラが見られるシーズンとなり、ツアークルーズも数多く出航しています。なぜこの時期なのかというと、ザトウクジラは通常北半球の海域で暮らしていますが、冬になると海水の温度が暖かいエリアへ移動し、出産や子育てを行うそう。そのポイントとして、ハワイ各島の海を訪ねてくるのだとか。

さらに、ザトウクジラの尾は、ハワイでは幸運のモチーフでもあり、「歌う」ことでも知られるなど、どこか神秘的な生態をしています。この光景を見れば、あなたにも幸運がもたらされるかも……?

ただし、船の上は地上よりも風が強くなります。クルーズへ参加するときは、しっかり防寒対策と船酔い対策をしておきましょう!

※編集部註……ザトウクジラの出没時期は、毎年変動します。ホエールウォッチングを行うクルージング会社などで、最新情報をチェックすることをおすすめします。


マウナ・ケアでとびっきりのサンセット!


星空観測のツアーに参加するのもおすすめ。

星空観測のツアーに参加するのもおすすめ。

最後にご紹介したいのが、冬のハワイのサンセット。雨が降りやすい時期ではありますが、晴れた時期の澄んだ空気に沈む夕日は、うっとりすると同時に一日の終わりがハッキリとわかるような清々しい気持ちになれることでしょう。

オアフ島の場合はワイキキビーチやアラモアナ・ビーチ・パークでも存分に楽しめますが、さらにすごいサンセットを見たい! という方はハワイ島のマウナ・ケア山へ行かれるのも良いでしょう。マウナ・ケア山は世界中から13基の天文台が集まるほど、天体観測に適したスポットなのです。

ただし、マウナ・ケア山は標高が4,205 メートルもあり、冬の時期は雪が積もるほど寒くなります。もし、こちらのツアーに参加されるのであれば、コートは日本の空港に預けず、そのまま持ち込むようにしましょう。


冬だからこそ「楽しい」ハワイの魅力を知ってみては!


今回ご紹介したハワイの気候については、あくまでも過去のデータを元にしたものです。日本でも冷夏や暖冬があるように、ハワイでも気温が例年とは異なることがあります。

ですが、基本情報を元に最新の気候をチェックすれば、どんな服装にしていけば良いか考えやすくなることでしょう。ぜひ、冬のハワイならではの遊び方を楽しんでくださいね!


All Photo by Pixabay(Public Domain)


Hawaiiii 関連記事:こちらもいかがですか?


【コラム】日本とはこんなに違う!知っておきたい、ハワイのマナーと法律

【コラム】女子旅の前に要チェック!2016年ホノルルでオープンしたグルメのオススメ最新情報♪

ワイキキビーチを見下ろす絶景「ダイヤモンドヘッド(Diamond Head)」

Information

コラム:冬のハワイってどんな感じ?気温や服装、持ち物などの疑問に答えます!



情報は掲載時のものです。

PICKUP

根強い人気のある記事をピックアップしました!