• TOP
  • オアフ島
  • 【コラム】コレ知ってる?ハワイに行ったら食べておきたいローカルフードたち

オアフ島

2016年10月03日

Hawaiiii編集部

【コラム】コレ知ってる?ハワイに行ったら食べておきたいローカルフードたち

3,587View

ガーリックシュリンプにアサイボウル、エッグベネディクト、パンケーキ…おいしいものが次々と登場するハワイ。でも、昔から愛される伝統的な食材やローカルなお料理も魅力的なんですよ。ハワイの「おいしい」を、さらに知ってみませんか?

ハワイで昔から愛される「おいしい」ものたち


美味しいお料理やスイーツが次々と現れ、私たちをときめかせてくれるハワイのグルメニュース。
まだハワイを訪ねたことがないという方も、エッグベネディクトやボリューミーなパンケーキをレストランで楽しまれたことがあるのではないでしょうか。ですが、これらがハワイのグルメの全てではありません。

日本ではなかなか見かけないような食材を使ったものや、移民の歴史とともに定着した食べ物も多いのです。

そこで今回は、有名マイナーを問わず、少しローカル寄りな「おいしいもの」を、編集スタッフMがまとめてご紹介します!


1:ヤシの新芽「パルミット」


ホワイトアスパラガスのようにも見えますが…。

ホワイトアスパラガスのようにも見えますが…。

最初にご紹介するのは、ヤシの木の新芽「パルミット」。
この食材は中南米、とくにブラジル料理などで使われているのですが、ハワイでも食材として利用されることがあります。気になるお味はとても淡泊で、どちらかというと歯触りを楽しむ食材です。ホワイトアスパラガスとタケノコの中間のような、シャクシャクした味わいが楽しいですよ。
パルミットは生のものと瓶詰があり、瓶詰は日本でも購入することができます。ただし、瓶詰は漬けている液体によって塩気と酸味が強くなっていますので、お料理に使うときはご注意を。

ハワイには、パルミットを天ぷらで提供するお店がありますよ!
■ヤシの木の天ぷら!?「カイワ(KAIWA)」の絶品メニュー紹介


2:みんな大好き♪「スパムむすび」


沖縄でも見かけますよね!

沖縄でも見かけますよね!

こちらについては説明は不要かもしれません。
日本の軽食と言えば「おむすび」ですが、スパムむすびは日本よりもハワイで定着しています。
その由来は諸説ありますが、ハワイに住む日系人によって戦後に作られたことが始まり、という共通点があるのだそう。

ボリューミーな食事に疲れたときにいただくスパムむすびは、食べた瞬間「懐かしい…」と感じるはず。
街を散策する前の軽食として買っておくのもおすすめです♪

【スパムむすびの関連記事】
■ハワイでおむすびをほおばる。「いやす夢(め)」のやさしい味わいを楽しんで。


3:チャーハンとはちょっと違う? 「フライドライス」


フライドライスは、東南アジアでもよく食べられています。

フライドライスは、東南アジアでもよく食べられています。

フライドライスは、マレーシアやインドネシア、ネパールなどアジアを中心に食べられている料理。
チャーハンとほぼ同じ作り方ですが、入れる具材や味付けに使う調味料などに違いがあります。
このフライドライスはハワイでも定番となっており、ご飯を使うメニューでは「白米またはフライドライス」のどちらかをチョイスできるお店も多いのです。
後程ご紹介する「ロコモコ」も、ご飯の部分をフライドライスに変更できるメニューとして定着しています。

【フライドライスの関連記事】
■あの名店の味をカジュアルに楽しめる!「ザ・パイナップル・ルーム」


4:日本でも定番に!「ロコモコ」の奥深さ


日本のレストランでもすっかりおなじみのロコモコ。

日本のレストランでもすっかりおなじみのロコモコ。

Photo by 写真AC

「ハワイの食べ物と言えば?」と聞かれたら、かなりの人が「ロコモコ」を挙げるのではないでしょうか?
それほど定着している料理ですがその歴史はまだ浅く、1940~50年代に誕生して以来愛され続けて有名になったと言えます。
こちらの発祥もやはり諸説ありますが、ハワイ島ヒロで営まれていた小さなレストランが、学生向けの安価でボリューミーなメニューとして考案したのが始まり、という説が有力です。
ハンバーグ、目玉焼き、グレイビーソースをご飯に乗せた、とてもシンプルなロコモコ。
それだけに、お店ごとにトッピングが異なったり素材にこだわったりと、多様なレシピがハワイで楽しめますよ。

【ロコモコの関連記事】
■オバマ大統領も愛する味…レインボー・ドライブイン

■変わり種の○○ロコモコ!?…モケズ

■リッチなロコモコを食べてみる?…ジャペンゴ・ワイキキ


5:これぞハワイ伝統。「ポイ」


紫色のペースト状になっているポイ。

紫色のペースト状になっているポイ。

「ポイ」を初めて見た方は、どのように食べるのか見当もつかないかもしれません。
ですが、ポイはハワイの伝統を知るには欠かせない食べ物の一つなんです。

ポイはタロイモというポリネシア系の島で採れるイモをすりつぶし、発酵させてペースト状にしたもの。
そのため、そのまま食べると酸味があり、日本人にとってはまず馴染みのない味として敬遠されがちです。
しかし、ポイを同じく伝統料理であるラウラウ(牛や豚、魚などをタロイモの葉で包み蒸したもの)やカルア・ピッグ(焼いた豚を塩で味付けして細かく裂いたもの)と合わせて食べると、お料理の塩味とポイの酸味がちょうどいいバランスに。
つまり、日本で言う白ごはんのような主食であり、その風味は納豆や佃煮のようなハワイ独特のものと言えます。

ポイにチャレンジするのであれば、伝統料理のお店やルアウ(ハワイを含めたポリネシアの伝統芸能を楽しむショー)へ。
ハワイの伝統を舌で感じてみましょう!
■日本ではまず味わえない!?老舗レストラン「オノ ハワイアン フード」のハワイ伝統グルメとは?

また、ポイの名前が付いたパンケーキやマラサダもありますが、これらは発酵していないタロイモを使い、甘くて私たちにもなじみやすい味です。ただし、その色はとても鮮やかなパープルなので初めて見たときはビックリしてしまうかも。
■紫のマラサダ!?「カメハメハ ベーカリー」はロコに大人気のパン屋さん


6:ココナッツ豆腐?「ハウピア」


ハウピアはフレーバーとしても定番です。

ハウピアはフレーバーとしても定番です。

続いてご紹介する「ハウピア」も、ハワイ伝統のデザート。
一見するとココナッツプリンやゼリーのように見えますが、ゼラチンではなくデンプンを使います。
そのため、もっちりとした歯触りに。
ハウピアは現代でも人気が高く、パンケーキのソースやお菓子のフレーバーなどでもよく見かけます。
レシピも簡単なので、ハワイでハマった方は自作してみてはいかがでしょうか?


7:鮮やかなピンク!「グァバ味のパン」


鮮やかな色は、つい手に取りたくなります。

鮮やかな色は、つい手に取りたくなります。

最後にご紹介するのは「グァバ味のパン」。
お米も定着していますが、ハワイのロコはパンも大好き。
グァバやストロベリー、バナナなどを生地に練り込んだスイートロールは、スーパーでもよく見られます。
これらのフレーバーに、ココナッツも合わせたパンもありますよ。


まだまだハワイには「おいしい」がいっぱい!


日本系移民がもたらした「モチ」も、おいしいおやつです。

日本系移民がもたらした「モチ」も、おいしいおやつです。

今回は7つご紹介しましたが、このほかにも中華系移民によって定着した中華そば風の「サイミン」に、餅粉を使った「バター餅」など、どこか懐かしさを感じるお料理が多いのが、ハワイのローカルフードの良いところ。

旅先では、今話題のお料理やレストランを最初にチェックしていきたくなりますが、ふと立ち寄ったスーパーや定食屋さんで地元に親しまれているものを味わうのも楽しいものです。
さらに、こうしたローカルフードも時とともに進化を遂げていて、そのバリエーションを調べていくのも面白いんです。

みなさんもぜひ、これらの食べ物を見かけたときはチャレンジしてみてくださいね!
きっと、本場のハワイの味に出会えるはずです。

Information

コラム:チェックしておきたい、ハワイのローカルフード7選





情報は執筆時のものです。お店に関する情報は各公式サイトをご覧ください。

PICKUP

根強い人気のある記事をピックアップしました!