• TOP
  • ハワイ島
  • 【PR】たまにはのんびり過ごしたい!旅のプロが答える「ハワイのバカンスを楽しむコツ」とは?

ハワイ島

2016年07月05日

Hawaiiii編集部

【PR】たまにはのんびり過ごしたい!旅のプロが答える「ハワイのバカンスを楽しむコツ」とは?

1,558View

おいしいグルメにビーチ、観光と楽しいことが盛りだくさんのハワイ。でも、時には旅先で疲れを癒す時間が欲しくなりませんか?バカンスとしてハワイを楽しむポイントを、阪急交通社さんに教えて頂きました。

「旅のプロ」がおすすめする、ゆったりハワイを楽しむポイントをご紹介!


はじめに:こちらの記事は2016年4月にご紹介した「初めてハワイに行くときのアドバイス」に続き、株式会社 阪急交通社さまにご協力頂いて制作したものです。

今回のテーマは「バカンス」。
美味しいものを食べに行く、ビーチで遊ぶ、お買いものを楽しむなどなど、楽しいことがたくさん詰め込まれているハワイですが、ここ数年間はヘルシー志向のグルメが評価され、ヨガの流行やマイナーゆえに静かで美しいビーチが紹介されるなど、日々の疲れを癒してくれそうなニュースが登場しています。

ですが、こうした癒しスポットはワイキキだけでなくあちこちのエリアに散らばっているため、どのように計画を立てたらいいのか、悩んでしまう……という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで「旅のプロ」である阪急交通社さんにご協力頂き、リラックスするときにおすすめの遊び方や滞在方法についてうかがいました!
カップルやご夫婦でバカンスを過ごす方にも嬉しいアドバイスを頂きましたので、ぜひご覧くださいね♪


インタビュアー:スタッフM


画像はイメージです。

画像はイメージです。

■Hawaiiii編集スタッフM(以下、M)
Hawaiiii編集担当の20代後半。
同世代の女性目線でハワイの「楽しそう」「面白そう!」なニュースをお届けするため、日々奮闘中。
旅のスタイルは「無理のないスケジュールで、じっくり一つ一つのエリアを楽しむ」派。

昨年見つけたハワイのヘチマソープに感動し、バスグッズにこだわり始めました。
今回は「バカンス」ということで、のんびり楽しめるポイントをうかがっています!


阪急交通社 ハワイ担当:大城さん


笑顔がとってもチャーミングです!

笑顔がとってもチャーミングです!

■阪急交通社 大城さん(以下 大城さん)
こんにちは!ハワイ担当7年目の大城です!
ハワイはショッピング・グルメ・自然が全て揃っているので休暇にオススメの場所です!
日本人の観光客が多いので、日本語が通じる場所が多くはじめての海外の方にもオススメですよ♪
ローカルが行くショップや穴場の観光地はお任せ下さい♪


質問その1:のんびり癒されるホテルを探すには?


のんびり過ごせるホテルを探すコツを聞いてみました!

のんびり過ごせるホテルを探すコツを聞いてみました!

■M:
大城さん、こんにちは!このたびはお時間をいただき、ありがとうございます!
前回に続いてご協力頂けて、とっても嬉しいです!

■大城さん:
こんにちは!今日は宜しくお願いいたします。

■M:
今回は「バカンス」をテーマとしているのですが、ハワイってなんとなく「思いっきり遊ぶ!」というイメージが強いのかな、と思っているのがこの記事のきっかけになっています。
というのも、友人から話を聞くとバカンスを過ごすならなるべく静かなところ、というイメージからかグアムだったりバリ島だったり、なかなかハワイが挙がらないんですね。
やはり編集スタッフとしては「そんなことないよ、ハワイ、癒されるよ。」とお伝えしたくて。
ここはぜひ、ホテルからローカルの穴場までご存じのプロにお話を聞きたいと思っています。

■ 大城さん:
ありがとうございます!
ハワイはハネムーンの旅先としても選ばれることが多いのですが、シニアの方にも安心して楽しめるスポットがたくさんあります。
ぜひ、みなさんのお好みに応じて、リラックスできるハワイ旅行を楽しんで頂きたいな、と思います。

■M:
ありがとうございます!それでは、一つ目の質問からよろしくお願いします。
旅先の拠点と言えば「ホテル」ですが、やはりバカンスを過ごすなら設備が良かったり、静かなホテルを選びたいと思うんですね。
特に、カップルの場合だと優雅に過ごせるような滞在がしたいな、ということもあると思うのですが、そんなときはどのような視点で探すといいでしょう?

■ 大城さん:
大人の方向けの滞在ですね。カップルでのんびり過ごされるなら、ファミリーでの滞在が少なく、カップルやお一人で宿泊された方からの評判がいいホテルを選ぶのが良いかもしれません。プールが併設されたホテルの中には、年齢制限のあるプールなども最近登場しています。ホテルを選ぶときは、この2つをチェックしてみてはいかがでしょうか?

■M:
年齢制限プールというのもあるんですね。ファミリーで安心して楽しめるホテルもすごく嬉しいですが、そうした個性を持つホテルもあるんですね。
バーやプールのラウンジも含めてホテルの中を楽しむとなると、静かな環境づくりにこだわるホテルを選ぶ、というのがいいのかな、と思いました。

■大城さん:
もちろんホテルによってはファミリーにも嬉しい、お子さん向けのエリアと大人の方向けのエリアを分ける工夫がされていたり、防音がしっかりとしているお部屋もあります。あくまでもカップルで滞在されるときは、最初にカップルやおひとりで滞在された方の評判がいいホテルから探してみて、そこから立地や宿泊料金などの条件を組み合わせてみるといいのではないでしょうか。

■M:
なるほど、目的に合わせて探し方を変えていくのが良いんですね。周辺の環境もリラックスできるかどうかを左右するので、中心地より少し離れたホテルから探していくのもいいかもしれませんね。


質問その2:ハワイに行っても「何もしたくない」ときは?


旅をするとついたくさん動きたくなりますが、「何もしない」時間も大切です。

旅をするとついたくさん動きたくなりますが、「何もしない」時間も大切です。

■M:
続いての質問です。ハワイって本当にいろいろなものがあるので、つい動き過ぎてしまって結局体が疲れてる……というのはよくあることだと思うのですが、あえて「何もせず、ぼんやりする」のに良いスポットはありますか?
お買いもの帰りとか、ちょっとした時間の滞在でもゆるやかな気持ちになれるようなオススメの場所がありましたらぜひ!

■大城さん:
のんびりできるスポットなら、夕方のアラ・モアナ・ビーチパークがおすすめです。
夕方は綺麗なサンセットが見えますよ!アラ・モアナ・センターからは10分と近い距離なのですが、このビーチは比較的静かな穴場です。のんびりお買い物に行く途中に寄ってみてはいかがでしょうか?

■M:
アラ・モアナ・ビーチパークは、ワイキキのすぐ隣なのに静かですよね。
カップルでサンセットを眺めるなんて、とてもロマンチック!
以前Hawaiiiiでもこちらのビーチパークについてご紹介したのですが(註1)、ご夫婦でお散歩をしていたり、お子さんが水遊びをしていたり、いろいろな楽しみ方をしているのに、騒がしくなくてのんびりした雰囲気があったのが、とても不思議でした。


質問その3:カップルでスパを楽しみたい!


ハワイには、癒されるアクティビティもたくさん!

ハワイには、癒されるアクティビティもたくさん!

■M:
続いては、リラクゼーションについての質問です。
癒されるアクティビティと言えばスパやマッサージですが、編集チームの新人スタッフからこんな意見を頂きましたのでご紹介させてください。

“パートナーが「疲れた……南の島行きたい…ハワイ行きたい」とため息ばかりついています。今度のお休みではハワイに行くので、せっかくならスパで癒されてほしいと思っています。そこで、これは受けておくべき!もしくは人気のサービスはありますか?男女問わず受けられるサービスだと、二人で楽しめるので嬉しいです。”

……とのことなんですが、こういうときはどうやって探すといいでしょうか?


■大城さん:
先ほどの通りハワイはハネムーンの方が多いので、スパでカップルプランなどを選べるホテルもあります。通常、スパは男女別々ですが、カップルプランは同じ部屋で、隣同士で施術を受けることができます。
このようなプランを設けているスパでしたら、お二人で一緒にリラックスできる時間を過ごせるのではないでしょうか?インターネットで「ハワイ スパ カップルプラン」などと検索すると、該当プランがあるスパが出てきますよ。

■M:
日本でもカップル向け温泉プランなどがありますが、ハワイでもそうしたプランがあるんですね!
ちなみに今検索してみたら、ロミロミマッサージ(ハワイ伝統のマッサージ)を受けられるところや、カップル割のプランもあったり、たくさん見つかりますね。

■ 大城さん:
ホテル併設のスパもカップル向けプランを行っていることがありますので、こちらを目的に探すのもいいと思います!
オアフ島だけでなく、ハワイ島などでも本格的なスパを受けられるところがあるので、より自然豊かな島でリラックスするのもオススメですよ!


PR:ここでちょっとご紹介


夜景が見えるなど、ハワイ滞在のホテルにこだわる方におすすめです。

夜景が見えるなど、ハワイ滞在のホテルにこだわる方におすすめです。

阪急交通社さんが提供するハワイツアーのプランの中には、滞在するホテルを軸に選べる
「ワイキキホテルセレクション」があります。こちらではホテルのクラス、立地、設備などからお好みのツアーを探せるため、ホテルにこだわりたい方におすすめです。「ハネムーンにおすすめ」「優雅に滞在」といった条件でプランを探すこともできますよ。


■阪急交通社 公式サイト:ワイキキホテルセレクションページ(外部サイトへ移動します。)


質問その4:バカンスだもの、食事も体にいいものを。


ハワイはヘルシーフードの宝庫!

ハワイはヘルシーフードの宝庫!

■M:
ホテル、のんびりできる場所、スパと続きましたが、次はやはりハワイのグルメについてお聞きしたいです。

これまで取材していた中でハワイはボリューミーなものだけでなく、ベジタリアン向けのメニューやアサイーボウルなども人気を集めているようなのですが、ハワイでヘルシーな食生活をしたい場合、おすすめのレストランや料理はありますか?
Hawaiiiiではフローズンバナナボートの「Banan」(註2)や、地産地消の味を楽しめる「カイマナ・ファーム・カフェ」(註3)などヘルシー系のお店もご紹介してきたのですが、大城さんの目線で「おいしい!」と思うお料理がありましたら、ぜひ教えてください!

■大城さん:
ハワイの人はオーガニックグルメ好きなので、意外にヘルシーな料理が多いんですよ。
私のオススメはドラゴンフルーツを使ったアサイーボウルのような”ピタヤボウル”(註4)、だしがきいたすっきりとしたスープにホロホロお肉が溶け込むオックステールスープ(註5)、ピリカラマグロがおいしいポキ(註6)です!
この3つはぜひ食べてみてほしいですね。

■M:
日本で見かけるドラゴンフルーツは果肉が白いのですが、ハワイのドラゴンフルーツってすごく鮮やかなピンクなんですよね。フルーツ、柔らかいオックステール、お魚の組み合わせは確かにヘルシー!
どれも栄養のバランスもいいお料理ばかりで食べやすいですし、ボリュームがある食事の次の日に食べたいですね。


ドラゴンフルーツ(ピタヤ)は、果肉が鮮やかなピンクのものもあります。

ドラゴンフルーツ(ピタヤ)は、果肉が鮮やかなピンクのものもあります。

■大城さん:
どれも日本の方に馴染み深い味わいで、ポキは日本でいうところの「漬け」です。オックステールスープなどは、シニアの方もホッとする味と感じて頂けるのではないでしょうか?
お店によって味付けもさまざまですので、いろいろと食べ比べてみてくださいね。


魚介類をマウイオニオンなどと混ぜ合わせたポキ。帰国後、ご自宅で作るほどハマる方もいるそう!

魚介類をマウイオニオンなどと混ぜ合わせたポキ。帰国後、ご自宅で作るほどハマる方もいるそう!

質問その5:オアフ島以外もじっくり巡りたい!


ハワイの自然の中で、リラックスしてみませんか?

ハワイの自然の中で、リラックスしてみませんか?

■M:
それでは、最後の質問です。
これまではワイキキ周辺、つまりオアフ島でのバカンスをイメージしてお話をうかがってきたのですが、先ほどのスパの質問をしたスタッフから、このような相談も頂きました。

“できればたっぷり時間を取って、二人の思い出になるような旅行がしようと思っています。
もし一週間以上の休暇が取れそうな場合、ハワイ島やマウイ島なども滞在しておいた方がいいですか?“

私としてはハワイ島は自然が多くて火山なども見られますし、マウイ島もローカルな街並みや、ロマンティックなホテル(註7)もあるよ、と話してはいるのですが、おすすめのプランがありましたら教えて頂けないでしょうか。

■ 大城さん:
ハワイというとオアフ島のイメージが強いのですが、それだけではありません。
ハワイ島やマウイ島、カウアイ島などの人気の島が沢山集まっているのがハワイなんですよ。
たっぷり時間があるなら、こうした離島に3泊ぐらいすることもおすすめです。
ハワイ島は自然豊かといってもそのスケールが広大で、キラウェア火山に虹のかかる滝、そして溶岩でできたトンネルと、丸一日をかけて観光できるほどです。

■M:
溶岩でできたトンネル!?まるでファンタジーの世界みたいですね!
ハワイ島はよくパワースポットとしても話題にされていますが、確かにそんなエリアを通ったら冒険家のような気分になりそうですし、テンションもエネルギーも高まりそう…。

■大城さん:
他にもハワイ島には、有名なお土産の「ビッグ・アイランド キャンディーズ」工場直営店もありますし、コナ・コーヒーの産地でもあります。
たくさん歩いたあとに、おいしいお菓子やコーヒーをいただくのも楽しいですよ♪
ちなみに、カウアイ島はハワイ諸島の中で最北端にあたる島であり、ハワイの中で最も古い島とされています。
こちらもとても自然豊かで、幻想的なスポットがたくさんあります。


PR:ここでちょっとご紹介 その2


阪急交通社さんのプランでは、オアフ島、ハワイ島、カウアイ島を巡る「ハワイ3島めぐり」というツアーがあります。こちらは日本出発と到着を含めて6日間で、3つの島の観光スポットを巡ります。
個人ではちょっと行きづらいようなスポットも、まとめて観光できますよ!

■阪急交通社 公式サイト:ハワイ3島めぐり(外部サイトへ移動します)


せっかくのバカンス、ハワイでのんびり過ごしてみては♪


「パートナーとバカンスを楽しむ」をテーマとした今回の特集記事は、いかがでしたか?
カップルやご夫婦での旅行は、友人同士とはまた違う特別な時間となるはず。
うかがった質問に対して、大城さんはさまざまなアドバイスをして下さいました。

Hawaiiiiではオアフ島とマウイ島の情報を中心にご紹介していますが、カウアイ島の豊かな自然は、ハワイ諸島の奥深さに感動するはず。と教えていただきました。
伝説が言い伝えられているさまざまなスポットを巡ることで、非日常に浸れるのではないでしょうか。

こちらの記事が、みなさんの「とっておきのバカンス」のご参考となれば嬉しいです!

※本記事は株式会社 阪急交通社様の提供、協力を受け、制作しております。
ツアーやプランに関するお問い合わせはHawaiiii編集部では回答いたしかねます。
阪急交通社 公式サイトより、お問い合わせください。

■提供:株式会社 阪急交通社(外部サイトへ移動します)


Hawaiiii 関連記事:こちらもいかがですか?


文中で登場したスポットやフードは、Hawaiiiiでもご紹介しています!
どんな雰囲気のスポットなのか、ハワイ旅行のご参考になれば嬉しいです♪

註1:アラ・モアナ・ビーチパーク……ローカルには定番!だけど意外に穴場!?アラモアナビーチパーク


註2:フローズンバナナのお店……TVなどでも紹介!フローズンバナナ×パパイヤボートの「バナン」で新感覚デザートを楽しもう♪


註3:地産地消のお店……ますますバージョンアップ!「カイマナ・ファーム・カフェ」の人気メニューをご紹介

註4:ピタヤボウル……芸能人も訪れる、ときめきいっぱいのカフェ「チリア・エクスクイジット・アロハ」

註5:オックステールスープ……ワイキキの中心で気軽にハワイアン!「アロハテーブル ワイキキ」でローカルメニューを楽しもう

註6:ポキ……ハワイでお得にまとめ買い!「ドン・キホーテ カヘカ店」に行ってみよう

註7:マウイ島のロマンティックなホテル……「海沿いの隠れ家」、現実を忘れるブティック・ホテル「パイア・イン」

Information

【PR】たまにはのんびり過ごしたい!旅のプロが答える「ハワイのバカンスを楽しむコツ」とは?



掲載情報は取材時(2016年7月)のものです。最新情報、ハワイ旅行に関するご質問につきましては、株式会社阪急交通社さまへお問い合わせください。

PICKUP

根強い人気のある記事をピックアップしました!