• TOP
  • オアフ島
  • 本場ナポリ出身オーナーが手掛ける ハワイ風オリジナル「コルネッティ(Kornetti)」

オアフ島

2016年04月20日

Hawaiiii編集部

本場ナポリ出身オーナーが手掛ける ハワイ風オリジナル「コルネッティ(Kornetti)」

3,017View

ハワイ風オリジナルメニューも魅力!生粋のナポリ人フォトグラファー ジャンカルロ マリーノ氏が手掛ける「コルネッティ(Kornetti)」のご紹介です。

イタリアナポリの定番メニュー「コルネッティ」


クロワッサンのような三日月形のモチモチパン「コルネッティ」とカプチーノが、イタリアナポリの定番の朝食なのだそうです。見た目だけでは区別が難しいですが、食べてみるとクロワッサンのようにサクサクではなく、ほんのり甘くてモチモチ、見た目以上にボリュームがあるそうです。


コルネッティ

コルネッティ


コルネッティについて


コルネッティとクロワッサンの違いは、生地の層にあります。
クロワッサンを作るときには、バターを塗り生地を折って伸ばす作業を繰り返すため、たくさんの油脂の層ができます。クロワッサンを焼くと生地の中の水分が蒸気になり、油脂に閉じ込められ、その圧力が層を持ちあげるのです。焼き上がったクロワッサンはパリパリのパイ状になり、油っぽさはなく、バターの風味にあふれています。

一方、コルネッティの生地はやや甘め、さほど念入りに層を作ることはしません。焼き上がったコルネッティはクロワッサンより少し甘く、ブリオッシュのような濃厚なパンやケーキに近い食感です。 クロワッサンに似たパリパリのパイ状のコルネッティもありますが、たいていはケーキに近い焼き上がりです。いろいろなバリエーションがあるのです。

実際に、北イタリアではコルネッティはブリオッシュと呼ばれることがあります。しかし、ナポリやシチリア、そして歴史的にフランスの影響が強い南イタリア各地では、もっとフランス風のペストリーをブリオッシュと呼びます。コルネッティとは別物なのです。


引用:Kornetti 公式サイト:http://kornetti.com/ja/the-story-of-kornetti/



bakery

bakery



kornetti duo_chocolate

kornetti duo_chocolate


ナポリで本場のコルネッティを食べて育った生粋のナポリ人フォトグラファー ジャンカルロ マリーノ氏が「コルネッティ(Kornetti)」のオーナーCEOを務めています。
実はジャンカルロ マリーノ氏、現在は東京に移住しており、2016年12月には「コルネッティ東京店」を表参道/原宿エリアにオープンすることが決まっているようです。
あと半年ほどで日本でも食べられるようになるのは、かなり期待が高まります☆



「コルネッティ ホノルル ワイキキ店」


一足早くオープンした「コルネッティ ホノルル ワイキキ店」は444 Niu Street と Ala Wai Blvd と Kalakaua Avenue の間にあるハワイアン モナーク ホテルのロビー階にあります。清潔感のある店内では、店員がオーダーを受けてからコルネッティに切れ目を入れてチョコレートやフレッシュフルーツなどを挟んでくれます。



パープルの「K」の文字がかわいい店内

パープルの「K」の文字がかわいい店内



清潔感のある店内

清潔感のある店内


ハワイ風オリジナルコルネッティ


キウイの酸味とバナナとチョコレートの甘さが絶妙にマッチした「コルネッティ キウイ」はリピーターの多い人気No.1メニューなのだそうですが、じつはフルーツをフィリングしているコルネッティは本場イタリアにもない、ここだけの看板メニューなのだそうです。ハワイ風オリジナルコルネッティ、味わってみたいですね♪




kornetti kiwi

kornetti kiwi


kornetti Caprese

kornetti Caprese


illy

illy


pineapple

pineapple


acai bowl

acai bowl

Information

Kornetti

コルネッティ

444 Niu Street ハワイアンモナークホテル ロビー階

TEL:(808)926-5676
営業時間:午前6:30~午後6:30
URL:http://kornetti.com

※情報は掲載時のものです。最新情報は各公式サイトやアカウントをご確認ください。

PICKUP

根強い人気のある記事をピックアップしました!